[Wiz1] 魔術士を追う試練の旅#5

戦士レッド&オレンジ、僧侶イエロー、盗賊グリーン、術士ブルー&パープルのロクレンジャーらは、四階の探索を続けていた・・・。

熊の置物を持って、再度四階へ…行こうと思ったけど、ふと思い立ってエレベータで行ってみる。
エレベータで四階へ降りてまっすぐ進むと、
『**試練場コントロールセンター**
 **部外者立ち入り禁止!!**
 ≪入るべからず≫』

うーん、入るべきではないな。Uターン。
反対側へ進むと、
『**直通プライベートエレベータ**
 **部外者使用禁止!!**』

入ろうとしても押し返されてしまった。

コントロールセンターの方へ戻って、扉を開けてみる。
『突然、警報の音が迷宮に鳴り響いた。
警報が鳴り止み、耳を澄ますと、
警備の魔物が駆けつける音がする。』

さらに扉を押し開くが…何もない小部屋。
隣には
『モンスター配備センター』
『宝物庫』

と書かれた扉が。迷わず宝物庫へ!!
しかし何もない小部屋だった…。
ちょっと怖そうなモンスター配備センターへ。
入ると強そうなモンスターが…その内訳が、レベル7ファイター、レベル7メイジ、ハイプリースト、ハイニンジャだと!?
でもものは試しで戦ってみる。
・・・力の差が歴然。1ターンで三人殺された。
こちらもレベルは7なのになーなんでこんな強いんだ?とりあえずリセット。

警報の鳴るマスを踏んだ直後に必ずバトルになるということが分かったので、四階の探索を中断してレベルアップに勤しむ。ブルーがやっとMakanitoを覚え、しかも最初から四回も使えるのでどんどんザコを蹴散らしていく。気持ちいいー しかしこのゲームは、友好的なモンスターが多すぎる。善パーティだからレベルアップしたい時は微妙にうっとおしい。

みんなLv9になったところで四階の探索を再会。熊の絵の方だ。
熊の壁はやはり置物でスルーできた。その先は小部屋が連なり、そして下へのはしご発見。えらいあっさりで短いフロアだったな。

モンスター配備センター再戦!毎回同じモンスが出てくるようだ。
ハイプリーストがBadiを使うので真っ先に倒したい。戦士二人がプリースト狙い、そしてブルーが初回Makanito!レベル7ファイター&メイジはMakanitoで逝ったがプリーストとニンジャが残る。プリーストは戦士組が撃破、残るニンジャは次ターンで撃破。

その先へ進むと、
『部屋の中央に大きなテーブルが置いてある。
そのテーブルの上には支配と知識の象徴であった
水晶玉や魔除けのガラクタが散らばっていた』

一方通行なので先へ行くしかない。
『どこからともなく、語りかける声が聞こえる。
"よくぞ辿りついた!勇敢なる冒険者たちよ!
今こそ、汝らの手によって、余の望みが叶う時が来た!
数年前、邪悪なる魔術士ワードナによって余の手から魔除けが盗まれてしまった。
邪悪なるワードナは今、諸君の足元にある、迷宮の奥深くにたてこもっておる。
奴を探し出し、殺してしまえ!!
そして、余の魔除けを取り戻してきてほしい。
ここに辿りついた証として、ブルーリボンを授けよう。
これはこの階にあるエレベータの使用許可証である。これなしでワードナの
居場所へ行く事はできない。
行け!汝らに神の加護があらんことを・・・。"』

なんつー一方的でエラそうな!しかもワードナとやらを「倒して来い!」ならともかく「殺してしまえ!」とはいかにも独裁者的な口ぶり。なるほどそれで"Mad" Overloadなんだ…。魔除けを取り戻してきたらもう用なしとばかりに殺されるパターンがよぎるが…とりあえずハナシが進まないので言われるがまま悪の魔術士を追うのである。



ウィザードリィ
アスキー
1987-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウィザードリィ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント